内分泌代謝・腎臓内科に勤務。ストレスを抱えた人が多い為、要求やクレームへの対応が大変ですね。

各科での看護業務はさまざま。
これは実際に勤めていた方でないと分かりませんよね。
今回は経験された科のそれぞれの特徴と、こんな人に向いてるよ、という意見を聞きました。
メリット、デメリットも聞いています。
ぜひ転職される際に参考にしてみてくださいね。

30代女性、内科病棟10年
2歳の男の子の育児と仕事の両立で大忙しの毎日です。
30代後半、都内で働いています。趣味はダイビングや海外旅行でしたが、子供が生まれてからは行けなくなりました。

どんな病院で、また何科に勤めていますか?

900床の大学病院の内分泌代謝・腎臓内科です。

どんな患者さんが多く来院されますか?

糖尿病や腎不全で透析をする人が多いです。

身につくスキルはどういったものがありますか?

長く付き合わなければいけない病気でおまけに食事制限もあり、ストレスを抱えた人が多い為、要求やクレームも多いです。
そのため、接遇力やトラブルへの対応力がつきます。

あるといい資格はありますか?

糖尿病療養指導士ですね。

この科特有の看護業務は何がありますか?

透析患者のドライウェイト(体重)の管理です。
また腎不全の人は心負荷がかかりやすいので、輸液管理は特に気を使います。

きちんと休憩は取れていますか?また残業はありますか?

かなり忙しいので休憩を取れないこともよくあります。
患者への指導やオリエンテーションは残業で行うこともあり、残業は平均2、3時間です。

この科で働くメリットを教えてください。

生活習慣が原因となる疾患が多いので、普段の食生活や運動について、健康な人にも使える知識が身に付きます。

この科で働くデメリットはありますか?

完治せず、長く付き合う疾患で徐々に悪化していく人が多いです。
指導をしても報われないことも多く悪化していく人をみていると、モチベーションが下がることがあります。
要望やクレーム(患者同士のことなど)が多いので、精神的にかなり疲れます。

今後どんな科で働きたいですか?またその理由は?

外科です。ずっと内科系なので周手術期の勉強をしてみたいからです。

この科はどんな人におすすめですか?

辛抱強く、相手の話が聞ける人です。

この科で働き、学んだことを教えてください。

生活習慣を改善する知識、また相手にどう指導すれば上手く伝わるか、といった方法ですね。
慢性期でありながら、急変する人も多々あったので、急変時の対応なども学ぶことができました。